育毛剤に含まれるさまざまな有効成分

育毛剤は薄毛の強い味方ではありますが、実際にどのような成分がどのように作用して薄毛に効果的だと言えるのでしょうか。

育毛剤に含まれるさまざまな有効成分を紹介したいと思います。

ミノキシジルと言う成分はもともと、血圧を下げる効果があるとされて高血圧の患者に使用されていた成分です。

血管を拡張させ血行を良くし、血流量が増えるために育毛効果が高いとされています。

その他、同じように血行促進作用のある塩化カルプロニウムという成分もあります。

この二つは特に育毛効果が高いとされていますが、医薬品となりますので使用上の注意や用量を守って使用することが重要です。薬用凌駕

その他、血行を促進させてくれる成分としてセンブリエキスやイチョウエキス・ビタミンE誘導体などが有効だと言われています。

毛乳頭にエネルギーを補給して育毛を促す成分で有効だと言われているのが、ペンタデカン酸グリセリドやパントテニールエチルエーテルです。

毛が抜けて新しく生えるサイクルの中でも、一番栄養を必要としている部分に作用するので、効果的です。

また、皮脂の分泌を抑えることで雑菌の繁殖を抑制し、炎症を回避して抜け毛に繋げない成分もあります。

皮脂分泌を抑える有効成分にはイオウやカシュウなどがあります。